【襲来!新型コロナウイルス】パチンコ店が倒産ラッシュ! それでも休業要請を続ける小池都知事にパチンコ業界が怒りの「反乱」

【襲来!新型コロナウイルス】パチンコ店が倒産ラッシュ! それでも休業要請を続ける小池都知事にパチンコ業界が怒りの「反乱」
拡大する(全2枚)

政府による緊急事態宣言が全面解除されたことで、全国のほとんどで休業要請されていたパチンコ店が続々と再開されている。

しかし、この間に業績が悪化、倒産する店が相次いでいることがわかった。特に全面解除後も全国で唯一、パチンコ店に休業要請を続ける東京都ではパチンコ業界に「反乱」が勃発。大半の店が営業を再開する構えだ。いったい、どういうことか――。

都の協力金は100万円だが、家賃だけで1000万円

パチンコ店の倒産ラッシュという、ショッキングなニュースを伝えたのは、NHK首都圏ニュース(2020年5月26日付オンライン版)の「パチンコ店 全国で85店が倒産や閉店 新型コロナの休業要請」だ。それによると――。

「緊急事態宣言が全国で解除されたが、パチンコ店については東京都などで休業要請が継続されている。パチンコ店は全国に約1万店あるが、NHKが店の関係者や業界団体などに取材したところ、先月(2020年4月)以降、少なくとも85の店が事実上倒産したり閉店したりしたことがわかった」

というのだ。

都道府県別でみると、東京都が11店と最も多く、北海道で9店、愛知県で6店が、閉店に追い込まれた。休業要請に応じると、東京都の場合、協力金として最大で100万円が支払われるが、店の家賃だけで月に1000万円以上かかる場合もあり、ほとんどの店で「雀の涙」状態だ。NHKの取材に応じた、閉店した東京都大田区のパチンコ店の経営者は、無念そうにこう語った。


この記事の画像

「【襲来!新型コロナウイルス】パチンコ店が倒産ラッシュ! それでも休業要請を続ける小池都知事にパチンコ業界が怒りの「反乱」」の画像1 「【襲来!新型コロナウイルス】パチンコ店が倒産ラッシュ! それでも休業要請を続ける小池都知事にパチンコ業界が怒りの「反乱」」の画像2

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。