【日韓経済戦争 番外編】小池都知事再選に韓国メディア大ショック! 石原慎太郎氏以上の「極右嫌韓政治家」と憎まれるワケ?

そして、小池知事に関してはこう語った。

「小池知事は『東京で起きた大きな災害後、さまざまな事情で犠牲になられた方々に対し哀悼の意を表する』という表現を使って、朝鮮人を対象に別途の追悼文を送らないと言っている。しかし、『多くの事情で亡くなった方』は虐殺された人しかいない。小池知事は『殺された』という表現すら使わない。『虐殺否定論』を信じている証拠ではないか」
小池氏の反対で地下の教室で勉強する韓国学校の生徒

ところで、韓国人学校はどうなったのか――。

朝鮮日報(7月9日付)「小池都知事再選で新設阻まれた東京韓国学校...児童・生徒は『ギュウギュウ詰め教室』で勉強」という見出しの記事で、あまりに狭すぎるため地下に教室を作ることになったという、気の毒な話を載せている。

「東京都新宿区若松町にある東京韓国学校の本館地下。太陽の光がほとんど入らない地下多目的教室のドアを開けると、嫌なにおいが鼻を突いた。東京で雨が降り続いているため、地下室特有のにおいがするのだ。教室不足のため既存の地下会議室を区切って作った教室の一つだ。韓国はもちろん、日本でも子どもたちの情緒を考慮して、よほどのことがない限りこのような『地下教室』は作らない」

韓国人小中高生1400人が約6000平方メートルの敷地に建つ校舎2棟で学校生活を送っている。施設環境は劣悪だ。校庭も狭く、縦50メートル×横60メートル。「サッカー絶対禁止」が規則だ。1954年に開校、日本で唯一、韓国の教育法に基づいて教えており、在日韓国人社会のアイデンティティーを象徴する存在だ。しかし、過密問題に悩まされ、呉公太(オ・ゴンテ)現理事長(元在日本大韓民国民団=民団団長)が中心になり、別の場所に韓国学校を建てる案を推進してきたのが、小池氏が都知事でいる限り実現の見通しはたっていない。

朝鮮日報の取材に対し、郭尚勲(クァク・サンフン)校長は、

「狭い空間で生活する児童・生徒たちを見ると、いつも申し訳なくて胸が痛みます」

と語ったのだった。

(福田和郎)

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。