コロナ禍はうんざり 来年の景気は「良くなる」予想が過去最高!

コロナ禍はうんざり 来年の景気は「良くなる」予想が過去最高!
       

2021年の景気は「良くなる」――。そう予想している人が過去最高になった。博報堂生活総合研究所は、来年の景況感などを予想してもらう「2021年 生活気分」調査の結果を11月19日に発表。今年の景気が「悪かった」、来年の景気は「良くなる」がともに過去最高を記録した。

また、来年は今年よりも多くの物事にお金をかけたいという意識が高まっているという。コロナ禍で景気や行動が停滞したためか、来年への期待や意欲を高める生活者像がみえてきた。

今年の景気「悪かった」が過去最高の79.3%

2020年の景気については、「悪かった」が79.3%で、前年の調査(33.3%)から46.0ポイントの激増で過去最高を記録した。一方、来年の「世の中の景気」は、「良くなる」が22.8%で過去最高。「悪くなる」は35.9%で、前年(41.5%)より5.6ポイント減と、好転予想が目立った。

「良くなる」と思う理由(自由回答)を集計したところ、「コロナの収束や反動」が全回答数のほぼ半数(49.0%)となり、「今が底、今後は上昇」が5分の1(19.3%)を占めた。

コロナ禍で絶不調だった今年の景気の反動で「良くなる」「良くなってほしい」と期待を込める生活者が多い。

また、来年の「自分の家計状態」予想は、「変わらない」が前回(50.8%)から7.4ポイント増で58.2%。逆に、「悪くなる」は前年(37.8%)から8.5ポイントの減少で29.3%となったが、「良くなる」(12.5%)を大きく上回ったままだ。


当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。