河野大臣がまさかの裏切り発言?! 海外メディアの「日本は五輪を開催できない」説(井津川倫子)

新型コロナウイルスの感染の勢いが収まらないなか、相変わらず「人類がウイルスに打ち勝った証として東京五輪を開催する」姿勢を崩さない菅義偉首相。追い討ちをかけるように、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が「再延期は絶対不可能だ」と発言して注目を集めています。

一方、海外メディアでは五輪開催を疑問視する報道が目立ちはじめましたが、何だか風向きが変わってきたような......。いくつかの国内ニュースを取り上げて「日本は大丈夫か?」の声が広がっているようなのです。とどめを刺したのは、あの大臣の「驚き発言」でした。

あ~あ、「五輪開催は不透明」発言が世界中に広まってしまった!

話題になっているのは、河野太郎行革担当相が海外メディア主催の会合で語った、東京五輪・パラリンピックの開催についての発言です。

東京五輪について、「行われない可能性も含めて先行き不透明だ」としつつ、「開催に最善を尽くす」という考えを示したと報じられていますが、何の変哲もないようなこの発言。日本ではあまり注目を浴びていないようですが、「目のつけどころ」が違う海外メディアは放っておいてくれません!

まずは、ロイター通信の見出しを比較してみましょう。同じニュースを伝えていますが、ニュアンスが違うことが良くわかります。

東京五輪、先行き不透明だが開催に最善尽くす=河野行革担当相(ロイター通信:日本語版)
Decision on holding delayed Olympic Games 'could go either way', says Japan minister
(オリンピック開催の判断は「どちらに転ぶかはわからない」と日本の大臣:ロイター通信英語版)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク