「コロナ禍が 程よく上司を ディスタンス」こんな時代でもサラリーマンは「舌」好調!

コロナ禍が 程よく上司を ディスタンス」
「会社へは 来るなと上司 行けと妻」

毎年恒例となっている第一生命保険の「サラリーマン川柳」の入選作品100選が、2021年1月27日に発表された。昨年9月~10月にかけて、全国の老若男女を対象に募集した。

コロナ禍で、外出自粛に伴うテレワークの推進など、会社での働き方が大きく変わった2020年。新型コロナウイルスへの恐怖と「ニューノーマル」といわれる新たな生活様式への戸惑いを、明るくたくましく詠んだ秀作が目白押しだった。

2000年以降では過去最高の応募数

「サラリーマン川柳」は1987年からスタート。その年の世相を反映するサラリーマンの「喜び」や「悲哀」をユーモラスに表現し、毎年話題となっている。第一生命によると、2020年の応募総数は6万2542作だった。過去最多の応募数は、1994年の7万8985作で、2020年の応募数は歴代5位という。

また、2000年以降では過去最高の応募数だった。加えて若者向けに、2019年から「#フォトサラ」という新ジャンルを設立したことも大きい。

「#フォトサラ」は、あらかじめ5枚程度の写真を提示。それに対して「五七五」の句を詠むという、20代限定の企画。応募総数の増加について、第一生命はその理由を、

「写真を選んで一句詠む20代限定の『#フォトサラ』は、インスタなどの現代のニーズにマッチしていると思われます。また、コロナ禍で巣ごもり生活が長く『応募してみるか』と思った方も多かったこと。それと34年目ということで、認知度も上がってきていると感じています」

編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク