【ビジネス誌 読み比べ】週刊ダイヤモンドが銀行業界の危機を特集 「バブル前夜」? 週刊エコノミスト

【ビジネス誌 読み比べ】週刊ダイヤモンドが銀行業界の危機を特集 「バブル前夜」? 週刊エコノミスト
拡大する(全2枚)

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスマンがフォローしたい記事が詰まっている。

そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。

「週刊ダイヤモンド」(2021年4月17日号)は「地銀転落・メガ銀終焉 銀行『複合』危機」というショッキングなタイトルの特集を組んでいる。ユニゾホールディングスの危機、コロナ倒産の急増、手数料収入の減収によって、銀行業界は今、収益を脅かす複数のリスクに直面しているというのだ。

ユニゾ危機が地銀に影響する?

まずは、みずほ銀行系列の不動産会社であるユニゾホールディングスに端を発する地方銀行転落の「深層」だ。きっかけは2020年、借り換え要請をしたことを機に、厳しい資金繰りの実態と金融機関との取引をめぐる「異常な状態」(地銀関係者)が露呈したことだ。

昨年9月時点での借入金は1960億円、社債は1040億円と合計3000億円の有利子負債を抱えていた。ダイヤモンド編集部が入手したユニゾHDの取引先金融機関のリストの中には地銀65行が含まれていた。

そのリストを基に「地銀のユニゾ危機影響度ランキング」を掲載している。東日本銀行(東京都)、きらやか銀行(山形県)、みちのく銀行(青森県)、百十四銀行(香川県)などが上位に並ぶ。ユニゾHDの危機時に赤字拡大、赤字転落する地銀は9行存在する、としている。


この記事の画像

「【ビジネス誌 読み比べ】週刊ダイヤモンドが銀行業界の危機を特集 「バブル前夜」? 週刊エコノミスト」の画像1 「【ビジネス誌 読み比べ】週刊ダイヤモンドが銀行業界の危機を特集 「バブル前夜」? 週刊エコノミスト」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク