やっと出会えた「天職」が市役所の非正規職員 女性の投稿が賛否激論! 正規公務員からは「無責任で楽チン」と...(2)

「周囲の人は優しいし、ノルマはないし、仕事が面白くて仕方がない。何よりいろいろな条例や法律を知ることが楽しい」

40歳独身。大学卒業後、新卒入社の会社でいじめられて病んで退職後、職を転々とした女性がようやく「天職」と思える仕事に出会った。市役所の非正規職員だった。

しかし、いずれ退職しなくてはならない。正規職員を目指すには難関の「氷河期枠」の試験を突破しなくてはならない。どうしたらよいかという投稿が話題になっている。

正規の公務員経験者たちからは、

「非正規の人は責任がなくて楽チンだ。それを『天職』というのはおこがましい」

と冷ややかな意見が相次いだ。

一方、

「『天職』と思うのならぜひ氷河期枠に挑戦しなさい!」

と熱いエールを送る人も多い。専門家に聞いた。

「人は生涯にわたって天職探しの旅を続ける」

――確かに投稿者は「今の仕事が天職のようにやりがいがあり、楽しい。ずっと続けたい」と願っていますが、正規の公務員経験者からは「非正規で責任がないから楽しいのだ」と批判されていますね。

川上さん「まず整理しておく必要があるのは、正規か非正規かというのは雇用形態の違いであり、『天職』か、否かとは別次元の概念だということです。そのため、投稿者さんにとっての『天職』がどういうものなのかを考えるうえでわかりづらくなると思います。投稿者さんが『天職』だと感じている今の仕事には以下の特性があるようです。
・ルーチンワークの多い事務職
・いろいろな法律や条例を新しく知ることができる
・無理のない業務量に抑えられている
・自分の仕事に自信を持つことができる
・穏やかな人に囲まれている
投稿者さんにとって、これらの特性を同時に満たすことができる仕事であれば、今とは別の仕事であっても『天職』だと感じられる可能性があるのではないでしょうか。別の役所の非正規職員の求人も、これらの特性を同時に満たす仕事としてイメージしやすい一つなのだと思います。
しかし、民間企業の中にも上記の特性を満たす求人もあるかもしれません。雇用形態や公務員など、ピンポイントで条件を設定してしまうと、最初から選択肢を狭めてしまいます。まずは、投稿者さんご自身にとって、『天職』だと思える仕事とはどういうものかを洗い出して言葉にし、そのイメージを優先条件にしたうえで、できる限り幅広く求人情報を覗いてみてはどうかと考えます」

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク