ワンチャンスをものにした北大、明大は負けを抑えて利益確保、首位を猛追する専修大(第16節)【FX大学対抗戦 Aグループ】

ワンチャンスをものにした北大、明大は負けを抑えて利益確保、首位を猛追する専修大(第16節)【FX大学対抗戦 Aグループ】
拡大する(全2枚)

今週(2021年9月6日週)の外国為替相場は、レンジ相場であまり動きがなかった。そうしたなか、北海道大学の上田晃史さんは「あまり時間がとれず決済したのは1回だけ」だったが、負けなかった! 指値を用いたのが奏功したようだ。

エントリーのタイミングを計っていた慶応義塾大学のトリオネアさんは、9月10日に「売り」で入った。明治大学の佐野快斗さんは、オーストラリアドルに挑戦。「自分の予想とは違う線ができた時には、潔く切るほうがいい」と、負けを小さくしてプラスを確保した。ポンドでもコツコツと稼いだ。

専修大学のめがねちゃんは週をまたいで保有したユーロ円を決済。「レジサポラインを少しブレイクしていて、慌てて利益を確定した」ものの、大勝。トップの明治大学を猛追する。

1回の取引で「勝つ」!(北海道大学 上田晃史さん)

◆振り返り(9月6日~11日)
取引結果は表のとおりです。

9月6日週は3万3165円の利益が出て、最終残高は108万5739円となりました!

この週はあまり時間がとれず決済したのは1回だけです。それが3万3000円の利益が出た取引で、今週は負けていないだけよかったです。これまではずうっとチャートに張り付いて成行で注文することが多かったのですが、もっぱら指値を用いるようになり、そのおかげか精神的にも随分と余裕ができたように思えます。

また、週をまたいでポジションを一つだけ持っています。9月11日(土)の終値ベースでマイナス2400円の含み損が出ていますが、決済していませんので今週の利益には含んでいません。依然として1位の大学との差は大きく開いていますので、なんとか利益を確保していきたいと思っています。


この記事の画像

「ワンチャンスをものにした北大、明大は負けを抑えて利益確保、首位を猛追する専修大(第16節)【FX大学対抗戦 Aグループ】」の画像1 「ワンチャンスをものにした北大、明大は負けを抑えて利益確保、首位を猛追する専修大(第16節)【FX大学対抗戦 Aグループ】」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク