日本企業に広がる人道支援...ファストリは11.5億円を寄付
拡大する(全1枚)

ロシア軍によるウクライナ侵攻から1週間が過ぎ、戦火が拡大するなか、ビジネスへの影響も深刻化してきた。欧米諸国や日本などによるロシアへの経済制裁の動きが強まったことで、現地に進出する日本企業は工場の操業や販売の停止を余儀なくされている。

すでに、軍事侵攻による液化天然ガス(LNG)や石油のエネルギー資源や小麦などの価格上昇の影響が広がっている。また日本も含む、約200の国と地域の金融機関1万1000社超が参加し、世界各国の資金決済を担うSWIFT(国際銀行間通信協会)からロシアを締め出した(米ドル建てでの送金や決済が困難になった)。サイバー攻撃も増えているという。

一方、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の要請などもあって、ウクライナやその周辺地域への人道的支援の輪が広がりつつある。

主な日本企業の対応を見てみた。

ZOZO、ファミマ、ソニーと続々

●ファーストリテイリング
ウクライナとその周辺地域で、緊急人道支援に対して1000万米ドル(約11億5000万円)を寄付することを決めた。寄付金は、避難所の設置や救援物資の配布、子どもたちの心のケアなど、人々の命と安全を守るための緊急性の高い支援に充てられる。
併せて、ユニクロのヒートテック毛布、ヒートテックインナー、エアリズムマスクなどの衣料品計10万点とリサイクル衣料の防寒着など10万点を、ポーランドなどに避難してきた難民に提供する予定。2022年3月4日の発表。