【12球団悲喜こもごも】「#2017年プロ野球もう忘れてやれよ大賞」に集まった黒歴史たち

■東北楽天ゴールデンイーグルス

・球宴ピッチャー、入口で止められる
楽天の立花陽三社長が7月14日、インスタグラムで「入り口で...関係者ですか?といわれこの表情」と投稿した。添付された写真には、目に落胆の色を浮かべた美馬学が写っている。

オールスター第一戦の舞台であるナゴヤドームに入場する際、部外者と疑われてしまったようで、コメント欄には、「ウケる笑笑」「モロ関係者ww」といった声が寄せられた。

・アマダ―東浜に激怒
楽天のアマダ―が、9月1日の試合で「激怒」した。相手ピッチャーのソフトバンク・東浜巨が頭部付近に投球し、カッときたアマダ―は巨体を揺らし東浜に突進した。

念のためだが、ボールは当たっていない。

オリックス、日ハム、ロッテ

■オリックス・バファローズ

・幻の来日1号
今季から加入した新外国人・マレーロ。20本のホームランを記録するなど大活躍したが、初HRはほろ苦かった。

デビュー戦となった6月9日、いきなり左翼席へ特大弾を放ったが、本塁を踏み忘れる大チョンボ。来日1号をふいにした。

・「グリップエンド打」で失点
7月5日のソフトバンク戦で珍事が起きた。

6回1死二塁。オリックス・金田和之が甲斐拓也へ投じた内角高めが、止めたバットのグリップエンドにヒット。そのまま一塁線へ転がり、慌てた金田が1塁へ悪送球。2塁ランナーは悠々ホームに還り、「秘打」で1点を献上してしまった。

■北海道日本ハムファイターズ

・つまずきボーク
4月11日のマウンドに上がった高梨裕稔が、思わぬ形で先制点を与えてしまった。


あわせて読みたい

J-CASTトレンドの記事をもっと見る 2017年11月9日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。