3代目のメディアへ 台湾発ライブ配信アプリ「17 Live」、狙うは世界

3代目のメディアへ 台湾発ライブ配信アプリ「17 Live」、狙うは世界
「17 Live」のクリスマスオフラインイベント@台湾。中央の女性は、17ライバーの頂点に立った「小金魚韓羽」さん

「夢を叶えられる場所にしたい」。アジアを席巻する台湾発のライブ配信アプリ「17 Live」の創業者、Jeffrey Huang氏はかつて、そう語った。

「17 Live」は今まさに、次のステージに進もうとしている。俳優や歌手、タレント、モデルなどの「夢」見る若者たちがファンと交流するプラットフォームから、「メディア」へーー。J-CASTトレンド編集部は台湾でライブ配信市場の最前線を取材した。

芸能人が稼げるシステムづくり

「17 Live」(以下「17」)は2015年6月、台湾でサービスをスタート。台湾と日本、韓国、香港、タイ、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシアの計9か国でサービスを提供しており、ユーザー登録者数は世界中で4000万を突破している。

ダウンロード数が1000万を超えるまでに要した期間は244日で、これはインスタグラムや、ツイッターより短い。

「ここまで大きくなるとは想像していなかった」。「17」を運営するM17 Entertainmentの創業者、Jeffrey Huang氏(以下Jeff氏)は2017年12月16日のJ-CASTトレンド編集部の取材にそう話した。

そもそも、「17」が誕生したきっかけは、彼が台湾で有名な芸能人だったからだ。YouTubeやフェイスブックで自身の作品を公開して有名になっても、儲かるのはほんの一握りーー。台湾の芸能界ではそんな状態が20年くらい続いており、Jeff氏は芸能人がきちんと稼げて、ファンと遊べるシステムの構築を目指した。

...続きを読む

あわせて読みたい

J-CASTトレンドの記事をもっと見る 2017年12月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。