冬季五輪にW杯でテレビ需要増えるか 4年前は伸びなかったが...4Kに期待

冬季五輪にW杯でテレビ需要増えるか 4年前は伸びなかったが...4Kに期待
薄型テレビの需要は高まるか

2018年は、平昌冬季五輪のほか、6月にはサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会が控える。米大リーグのロサンゼルス・エンゼルスに移籍した大谷翔平選手の「メジャーデビュー」もあり、スポーツのビッグイヤーと言える。

人気の国際イベントが多く、テレビの視聴機会の増加が予想されると同時に、テレビの購入数増が予想される。ただ、今年と同じく冬季五輪とW杯が重なった4年前は、大きな伸びはなかった。需要の押し上げ材料はあるか。

薄型テレビ全体の出荷量減も4Kは2割増

調査会社GfKジャパンが2018年2月14日に発表した「2017年家電・IT市場動向」によると、昨年の薄型テレビの販売台数は前年比1%増の490万台となった。なかでも高解像度の「4K」商品の数量が前年比47%増の155万台で、全体の3割を占めるほどになった。

一方でこんなデータもある。電子情報技術産業協会(JEITA)発表の「2017年民生用電子機器国内出荷統計」では、薄型テレビの出荷数量が前年比10%減の427万2000台。ただし4Kに限っては同22.5%増と好調だった。

昨年と同じく、冬季五輪とW杯を控えていた2013年はどうだっただろう。JEITAのデータをさかのぼってみると、薄型テレビの出荷数量は前年比16.7%減の537万6000台だった。「五輪・W杯イヤー」の14年になると、同2.1%増の549万台と、わずかながら盛り返した。

「頼みの綱」は、やはり4K需要の高まりだろう。商品価格比較サイト「価格.com」を見ると、人気上位の商品のなかでは49インチ型で10万円を切るものも販売されている。ディスカウントストア「ドン・キホーテ」では昨年、50インチ型4Kテレビを5万円台で売り出し、話題を集めた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

J-CASTトレンドの記事をもっと見る 2018年2月18日のIT記事
「冬季五輪にW杯でテレビ需要増えるか 4年前は伸びなかったが...4Kに期待」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    「新しいのに買い替えないと視れなくなりますよ」ってのにはもうウンザリしているのですが。放送番組もアタマのワルい出来のほうが多くて気分悪くなりますし。もう、いいかな~って

    1
  • 匿名さん 通報

    NHKのせいで買わなくなった人も多いでしょう。

    1
  • 匿名さん 通報

    4Kカメラ持ってる人が買うのは解るけど、その他の人達は4K放送を待つでしょう。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「家電」のニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。