ネット炎上は「正義感の強い人」が起こす 専門家が指摘「批判したくなる3つの心理」

ネット炎上は「正義感の強い人」が起こす 専門家が指摘「批判したくなる3つの心理」
セミナーで講演したおおつね氏
「ネットで炎上させているのは『陰湿な人』と思っている人が多いと思いますが、ごくまれです。実際は『正義感の強い人』が大半なんです」

広告代理店などで構成する業界団体「WOMマーケティング協議会(WOMJ)」が主催する「クチコミフェスタ2018」が2018年11月9日、東京都内で行われた。セミナーでは、「マーケッターとして知らなければいけない炎上対策」と題し、ネットの炎上対策を指南するコンサルタント会社「MiTERU」のおおつねまさふみ氏らが登壇した。

クレーマーでは炎上を起こせない

おおつね氏によれば、インターネット上での炎上は(1)事象発生、(2)発見・指摘、(3)共感・共有、(4)拡散、の4段階をたどる。拡散まで進むと「炎上」と認識され、ニュースサイトで取り上げられやすくなる。

炎上に積極的に関わるのは、記事冒頭のおおつね氏の発言通り「正義感の強い人」。加えて、こんな特徴があると指摘する。

「わざと特定の企業を炎上させようとする人はただのクレーマーで、ほとんど成功しない」「大体の炎上は何らかの善意や『これは反省するべき』という心理(に掻き立てられた人の関与で起きる)」

さらに、拡散の段階では「元の事象の是非はどうでも良くなって、みんなが批判しているから自分も批判しよう」と軽い気持ちで炎上に参加する人も少なくないそうだ。

日本批判の報道に「日本への帰属意識が強い人」は...

正義感の強い人は、(1)集団内ヒエラルキー、(2)帰属意識、(3)内集団バイアス、の3つの心理が働き、個人や企業の落ち度を指摘したくなる、とおおつね氏は分析する。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。