新体操フェアリージャパン「令和メーク」だ 東京五輪に向け「大人の魅力」全開

新体操日本代表「フェアリージャパン POLA」が、2019年9月にアゼルバイジャン・バクーで行われる「第37回世界新体操選手権大会」へ向けて使用する新たなメークパターンを発表した。

化粧品大手のポーラ(東京都品川区)が手掛けた新メークは、5月31日に東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで開かれた発表会で、フェアリージャパンの団体選手たちが実際に体験した。

メークのテーマ「調和」を「演技の中でも大切に」

新メーク「Harmonized Beauty~令和メーク~」は、フェアリージャパンのチーム力の高さを現す「調和」をテーマとしている。ポーラによると、目元に濃いブラウンのアイカラーを扇状に入れることで立体感を創出。リップの色には「梅色」を加えてメーク全体のバランスを調和させ、選手たちを華やかに見せるねらいを込めた。

その後、選手たちがポーラの美容コーチの指導の下、自らの手でメークした。初めは報道陣を前に緊張気味でメークを行っていたが、美容コーチによる丁寧なアドバイスが入ると次第に笑みもこぼれるように。

40分ほどで完了すると、選手たちは試合本番のような堂々とした表情に変わっていた。

発表会後にはチームを代表し、杉本早裕吏(さゆり)選手と熨斗谷(のしたに)さくら選手が報道陣の取材に答えた。

新たなメークについて聞かれると、

杉本選手「(前年より)少し大人っぽくなっているかなと思うので、そういうところも見ていただけたら嬉しい」
熨斗谷選手「今回のメークテーマである"調和"というのを、演技の中でも大切にしていきたい」

編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CASTトレンドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク