昭和と令和の東京五輪 それぞれを描いた人気小説を発表

昭和と令和の東京五輪 それぞれを描いた人気小説を発表
ランクインした書籍(一部)

大日本印刷(東京都新宿区)が運営するハイブリッド型総合書店「honto」は、「東京オリンピックを舞台にした小説ランキング」を2019年6月18日に発表した。

ランキングは、今年1月1日~5月31日の期間に丸善、ジュンク堂書店、文教堂、啓林堂書店と「hontoサイト」で購入された書籍や電子書籍のデータをもとに集計した。

2020年以降を描く「アフターオリンピック」作品も

J-CASTトレンドの取材に答えたhontoのPR担当者によると、ランキングは「五輪をきっかけに本も読んでほしい」という思いから発表された。担当者の感触では、東京五輪のチケット販売サイトがプレオープンした4月中旬ごろから特に、関連書籍の売り上げが伸びているという。

ランキングは1964年の東京五輪に関する「旧オリンピック部門」(1~5位)、2020年開催の東京五輪関連の「新オリンピック部門」(1~5位)、2つを合わせた新旧総合部門(1~10位)が発表された。

「旧オリンピック部門」では、「悪の五輪」(著・月村了衛)が第1位を獲得した。昭和の東京五輪開催で巻き起こる利権争いを描いた小説で、2019年5月16日に発売されたばかりの新作だが、多くの人の関心を呼んでいる。

「新オリンピック部門」では、2020年の東京五輪以後をテーマにした書籍が人気だ。日本がどう変わるのかを描いた「東京の子」(著・藤井太洋)、「団塊の後 三度目の日本」(著・堺屋太一)や、2060年の東京を舞台にした「僕はロボットごしの君に恋をする」(著・山田悠介)など、未来を描いた小説がランクインした。


あわせて読みたい

J-CASTトレンドの記事をもっと見る 2019年6月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。