錦織圭とサンドウィッチマン語る東日本大震災と東京五輪 「被災地の復興」見てほしい

錦織圭とサンドウィッチマン語る東日本大震災と東京五輪 「被災地の復興」見てほしい
錦織選手(左)とサンドウィッチマン伊達さん(中央)と富澤さん(右)

2011年3月に起きた東日本大震災の被災地で役目を終えた仮設住宅の建材を再利用して作る「東京2020 復興のモニュメント」のプロジェクト発表会が、2019年7月17日に東京・港区で行なわれた。

発表会にはプロテニスプレーヤーの錦織圭選手と、宮城県出身のお笑いコンビサンドウィッチマン伊達みきおさん、富澤たけしさんが登壇し、被災地への思いや五輪に向けた意気込みを語った。

解体した仮設住宅から「モニュメント」つくるプロジェクト

2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と住宅設備大手のLIXIL(リクシル)が中心となって実施するプロジェクトは、岩手・宮城・福島の被災3県で解体された仮設住宅から回収したアルミ建材を元に、2020年大会の理念の一つ「被災地の復興」を象徴するモニュメントを作成するものだ。

東京芸術大学の学生がデザインするモニュメントには被災3県の中高生が考えたメッセージが盛り込まれ、完成後は各県1体ずつ、計3体のモニュメントが2020年大会開催中に都内で展示される。閉会後は大会参加選手によるサインが書き加えられ、被災地に設置される。

震災時は米国にいたという錦織選手は当時を振り返り、「たくさんの方が心配し、日本をケアしてくれた」とコメントした。

一方、宮城県気仙沼市での番組撮影中に被災したサンドウィッチマンの2人は、震災直後に「東北魂義援金」を設立。震災から8年が経ったいまも、東北出身者として被災地の現状を広く伝えている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. サンドウィッチマン M-1
  2. サンドウィッチマン ライブ
  3. サンドウィッチマン ラジオ
J-CASTトレンドの記事をもっと見る 2019年7月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「サンドウィッチマン + M-1」のおすすめ記事

「サンドウィッチマン + M-1」のおすすめ記事をもっと見る

「サンドウィッチマン + ラジオ」のおすすめ記事

「サンドウィッチマン + ラジオ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。