エーザイ、アルツハイマー病協会国際会議2019(AAIC2019)においてアルツハイマー病/認知症領域の開発品に関する最新データを発表

東京, 2019年7月11日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、2019 年 7 月 14 日から 18 日まで米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されるアルツハイマー病協会国際会議(Alzheimer's Association International Conference: AAIC)2019 において、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体BAN2401 および経口βサイト切断酵素(BACE)阻害剤エレンベセスタットの最新データなど、口頭発表2 演題を含む合計 13演題を発表しますのでお知らせします*1。当社は、BAN2401、エレンベセスタットについて、バイオジェン・インク (本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、以下 バイオジェン)と共同で開発しています。

BAN2401 については、臨床第II相試験における脳脊髄液(CSF)中のバイオマーカーの解析結果のほか、BAN2401 ライセンス元である BioArctic AB(本社:スウェーデン)による BAN2401 の Aβ 凝集体種への親和性に関する非臨床研究の結果などの演題が予定されています。現在、BAN2401 については、早期アルツハイマー病(AD)を対象としたグローバル臨床第III相試験(Clarity AD)が進行中です。

エレンベセスタットについては、進行中の臨床第III相試験プログラム(MISSION AD)のベースライン時における被験者のタウ蓄積状況などの演題が予定されています。

また、血液による簡便な AD 診断法の創出に向けてシスメックス社(本社:兵庫県)と共同で実施している全自動免疫測定装置 HISCL(TM)シリーズ(シスメックス株式会社の商標)による血漿中 Aβ比と CSF 中Aβ比の相関性に関する研究の最新データについて、初めての学会発表が予定されています。

さらに、英国のユニバーシティ・カレッジ・ロンドンとの共同研究の成果として最初の臨床候補品となる抗タウ抗体 E2814 について、非臨床研究結果の発表を予定しています。

また、デュアルオレキシン拮抗剤レンボレキサントについて、アルツハイマー型認知症に伴う不規則睡眠覚醒リズム障害(ISWRD)を対象とした臨床第II相試験の追加解析結果について発表を予定しています。

最新データの発表に加えて、AAIC 主催の AD におけるアミロイドを標的とした疾患修飾戦略の最新動向に関するセッションおよび BACE 阻害剤の臨床試験における課題とその可能性を議論するセッションについても、BAN2401 およびエレンベセスタットに関する発表や議論が行われる予定です。また、プレクリニカル(無症状期)AD における薬物開発の科学的裏付けおよび可能性について議論する当社主催のシンポジウムについても開催を予定しています*2。

当社は、アルツハイマー病/認知症領域分野における 35 年以上の創薬活動の経験を基盤に、多元的かつ包括的なアプローチによる創薬研究を通じて、認知症の予防と治癒の実現をめざしています。認知症の疾患・ステージに応じて Wider Scope に展開する豊富な開発パイプライン*3を有しており、革新的な治療薬を一日も早く創出し、アンメット・メディカル・ニーズの充足と患者様とそのご家族のベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2019/news201951.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。

Source: Eisai

Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved.

あわせて読みたい

JCN Newswireの記事をもっと見る 2019年7月11日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。