セブン銀行とISIDの合弁会社ACSiONが不正検知プラットフォーム「Detecker」提供を開始

「銀行業高度化等会社」の当局認可を取得 非金融機関にも提供可能に

東京, 2019年12月5日 - (JCN Newswire) - 株式会社セブン銀行(本社:東京都千代田区、社長:舟竹 泰昭、以下 セブン銀行)と株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、社長:名和 亮一、以下 ISID)の合弁会社である株式会社ACSiON(本社:東京都千代田区、代表取締役:安田 貴紀、以下 アクシオン)は、不正検知プラットフォーム「Detecker(ディテッカー)」の提供を 2019 年12 月より開始することをお知らせします。

近年、サイバーセキュリティを取り巻く環境が急速に変化する中、不正取引による被害は、金融のみならずオンラインサービス事業者など非金融分野にも及んでおり、業界を横断した対応が求められています。こうした背景を踏まえ、アクシオンは、セブン銀行が培ってきた不正検知ノウハウと ISID の持つ Fintechを活用したソリューション構築力を合わせ、多様なデータから不正申込みや不正アクセスを検知するプラットフォーム構築を進めてまいりました。そして今般、当局より「銀行業高度化等会社※」の認可を取得し、非金融機関への不正検知サービス提供が可能となったことから、金融・非金融を横断して不正利用データを蓄積・共有し、"点でなく、面で守る"をコンセプトとした不正検知プラットフォーム「Detecker」を提供してまいります。

あわせて読みたい

JCN Newswireの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月5日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。