動物法:中国の改正動物伝染病防止法が施行

動物法:中国の改正動物伝染病防止法が施行
拡大する(全1枚)
TOKYO, Jun 1, 2021 - (JCN Newswire) - 世界愛犬連盟(WDA)は、国際的に認められた動物保護団体です。2014年の創設以来、WDAは中国における動物福祉の改善に取り組んできました。中国の改正動物伝染病防止法が 2021年5月1日に施行されました。提案されて以来、世間の注目を浴びる中、この新法は施行直後から論争を巻き起こしています。

動物法:中国の改正動物伝染病防止法が施行の画像はこちら >>


中国国内の多くの「犬嫌い」は、改正法に関する不正確な情報を広め、犬の散歩時のリード着用義務は、リード無の犬を野良犬とみなし、捕獲されるとの噂を流し、飼い主を怖がらせています。

一部の動物愛護活動家でさえ、新法を誤解し、「野良動物の管理に関する新しい規制は、当局に野良犬や野良猫の捕獲にもってこいの言い訳を与える」とし、「屋外の散歩で全ての犬への鑑札とリード着用義務は厳しすぎる」と述べ、反対しています。

新たに追加された野良動物の管理に関するガイドラインは、確かに混乱を引き起こしました。実際には、動物伝染病防止法によると、当局が捕獲できるのは、狂犬病などの伝染病に感染した証拠のある野良犬のみです。

改正された動物伝染病防止法の施行以来、中国国内全ての食肉処理場では、政府発行の「ホワイトリスト」である、家畜家禽遺伝資源の国家リストに載っている動物のみを処理することができ、その家畜リストに犬は含まれていません。もはや中国には合法的な犬の屠殺場は存在せず、市場の全ての犬肉製品は違法な無許可の屠殺場によって生産されていると考えられることを意味します。

当時の記事を読む

JCN Newswireの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク