前最高裁判事の逮捕認めず=徴用工判決先送りで地裁―韓国

 【ソウル時事】韓国の元徴用工が日本企業を相手取った賠償請求訴訟をめぐり、最高裁が日韓関係悪化を懸念する朴槿恵前政権の意向に沿い、判決を先送りしたとされる疑惑で、ソウル中央地裁は7日未明、朴炳大氏ら前最高裁判事2人について、職権乱用容疑などの逮捕状請求を棄却した。

 逮捕状請求の是非を審査した判事は「共謀関係の成立に疑問の余地がある」「証拠隠滅の懸念があるとみるのは難しい」と指摘し、「逮捕の必要性が認められない」と判断した。棄却を受け、ソウル中央地検は補完捜査を続けて再請求するか、在宅起訴にとどめるか検討するとみられる。 

あわせて読みたい

気になるキーワード

時事通信社の記事をもっと見る 2018年12月7日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。