前最高裁長官、嫌疑否認=徴用工判決先送り―韓国

 【ソウル時事】韓国の元徴用工が日本企業を相手取った賠償請求訴訟をめぐり、最高裁が日韓関係悪化を懸念する朴槿恵前政権の意向をくみ、判決を先送りしたとされる疑惑で、ソウル中央地検に出頭した梁承泰・前最高裁長官は11日深夜、取り調べを終え、帰宅した。韓国メディアによると、梁氏は調べに対し、「記憶がない」「実務陣がしたことは知らない」などと嫌疑を否認した。 

あわせて読みたい

気になるキーワード

時事通信社の記事をもっと見る 2019年1月12日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。