次期総裁候補にイバンカ氏ら=世銀、米政権の影響警戒―英紙

 【ワシントン時事】英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は11日、2月1日に辞任する世界銀行のキム総裁の後任候補に、トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官やヘイリー前米国連大使らが浮上していると伝えた。世銀内では「米国第一」を掲げ、国際協調に後ろ向きな米政権の影響力が強まるとの警戒感もあるという。

 世銀はキム氏の辞任表明を受け、後任の選定に着手する。同紙によると、マルパス米財務次官らも取り沙汰されている。米国は世銀の最大出資国で創設以来、米国人がトップに就いてきた。次期総裁もトランプ政権が米国人を推すとの見方が多い。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る 2019年1月12日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。