「JOCに衝撃」「仏の復讐」=竹田会長捜査で韓国メディア

 【ソウル時事】2020年東京五輪・パラリンピック招致に絡む贈賄疑惑で、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が仏司法当局の捜査対象となったことについて、韓国メディアは12日、「JOC関係者の間に衝撃が広がっている」などと報じた。

 ニュース専門テレビ局YTNは「日本の一部メディアでは、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が逮捕された事件を挙げ、仏当局の『復讐(ふくしゅう)』と懸念する声も出ている」と伝えた。

 韓国日報(電子版)は「JOCは嫌疑を全面否定しながらも、五輪の準備に支障が出るかどうか注視する雰囲気だ」と指摘した。 

あわせて読みたい

気になるキーワード

時事通信社の記事をもっと見る 2019年1月12日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「監禁」のニュース

次に読みたい関連記事「監禁」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。