人材派遣実質経営者を2400万円脱税疑いで逮捕=名古屋地検特捜部

 架空の課税仕入れを計上し消費税など約2400万円を脱税したとして、名古屋地検特捜部は16日、消費税法違反などの疑いで、愛知県岡崎市の人材派遣会社「アイディー」の実質経営者浅井宣治容疑者(41)=同県日進市=を逮捕し、名古屋国税局と合同で関係先を家宅捜索した。特捜部は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、消費税の納付税額から差し引かれる課税仕入れを架空に計上する方法で、2014年8月〜17年7月の消費税など計約2400万円を免れた疑い。 

あわせて読みたい

気になるキーワード

時事通信社の記事をもっと見る 2019年5月16日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「監禁」のニュース

次に読みたい関連記事「監禁」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。