衆院、質問主意書をペーパーレス化=経費5000万円削減

 衆院議院運営委員会は16日の理事会で、国会改革の一環として衆院規則を改正し、質問主意書とこれに対する政府の答弁書をペーパーレス化することを決めた。試行期間を経て今秋にも本格実施する運び。

 具体的には全議員への印刷物配布を取りやめ、ホームページなどで閲覧できるようにする。これにより5000万円程度の経費削減を見込む。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る 2019年5月16日の政治記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。