「納涼ビール電車」14日に運行開始=愛知県豊橋市〔地域〕

 豊橋鉄道(愛知県豊橋市)は、市内を走る路面電車でビールなどの飲食ができる「納涼ビール電車」を、6月14日から9月23日まで運行する。1993年から毎年運行しており、これまでに8万1818人が乗車している。12日夜に試乗会が行われ、参加者はジョッキで乾杯後、車窓から街並みを眺めながらビールやおつまみを味わった。

 ビール電車は、豊橋駅前から運動公園前までの往復9.4キロを約1時間20分かけて走る。平日は午後6時と同8時発の2便、土日祝日は午前11時57分発を加えた3便。期間中、計209便が運行する予定。おつまみ弁当が付き、生ビールが飲み放題。飲食物の持ち込みは自由で、カラオケも楽しめる。今年は景品として、ビール電車のミニチュアキーホルダーを初めて配布する。

 乗車は完全予約制で、料金は団体貸し切りが定員28人まで9万1000円。個人は1人3400円。同社の伊藤正雄社長は「おかげさまで7月までほぼ満席のご予約をいただいている。普段と変わらず安全運行に努めていく」と語った。8月以降の予約は7月3日に受け付けを開始する。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る 2019年6月13日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。