トランプ大統領がツイッターでFRB議長を「愚か」 利下げ圧力強まる

記事まとめ

  • トランプ米大統領は、中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長を「愚かだ」と改めて攻撃した。
  • 金融市場で景気後退への警戒感が広がる中、政権によるFRBへの批判と利下げ圧力が一段と強まっていた。
  • 金融市場では、10年物米国債の利回りが2年物利回りを2007年以来初めて下回り、混乱を招いていた。

FRB、緊急利下げを=議長は「愚か」―米トランプ政権

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は14日、中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長を「愚かだ」と改めて攻撃した。政権高官は、FRBに対し、月内に0.5%の緊急利下げを迫った。金融市場でリセッション(景気後退)入りへの警戒感が広がる中、政権による批判と利下げ圧力が一段と強まっている。

 大統領はツイッターで「中国(との貿易摩擦)は問題ではない。問題はFRBだ」と持論を展開。「(これまでの)利上げが急ピッチで行き過ぎだったが、今や利下げが遅過ぎる」と断じた。

 この日の金融市場では、10年物米国債の利回りが2年物利回りを、2007年以来初めて下回ったが、トランプ氏は「異常な長短利回りの逆転だ!」と述べ、市場の混乱の責任をFRBに押し付けた。 

あわせて読みたい

気になるキーワード

時事通信社の記事をもっと見る 2019年8月15日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。