「包丁振り回してない」=逃走の男、一部否認―横浜地裁

 傷害罪などで有罪判決が確定しながら収容に応じず、検察事務官に刃物を向けて逃走したとして、公務執行妨害罪などに問われた無職小林誠被告(43)の初公判が11日、横浜地裁(加藤学裁判長)であった。小林被告は「包丁を振り回したことは認められない」と起訴内容を一部否認した。

 検察側は冒頭陳述で、小林被告が収容に訪れた事務官らに対し、「俺の家なんだから出て行け」と興奮して怒鳴ったと指摘。「ふざけんな」と包丁の刃先を事務官らに向け、振り回したと主張した。

 弁護側は、現場にいた事務官らは包丁を取り出すのを見て逃げ出しており、「振り回した」とする証言は信用できないと訴えた。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る 2019年9月11日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。