1試合最大1700人態勢=ラグビーW杯警備―警察当局

 ラグビーワールドカップ(W杯)が20日開幕するのを前に、警察庁は12日、試合が開催される12都道府県の警備態勢を発表した。東京で行われる試合では、警視庁が最大約1700人態勢で警戒・警備に当たる。

 このほか、神奈川県警が最大約1500人態勢、北海道、岩手、埼玉、静岡、愛知、大阪、兵庫、福岡、熊本、大分の10道府県警はそれぞれ最大約500〜800人態勢で、会場内外の警戒・警備を行う。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る 2019年9月12日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。