米朝協議再開に期待=中国外相、制裁緩和促す

 【北京時事】中国の王毅国務委員兼外相は12日の記者会見で、非核化をめぐる米朝協議が「9月下旬に再開するのを楽しみにしている」と期待感を示した。さらに「情勢の緩和や対話推進に必要な努力」を米側に求め、国連安保理決議に基づく対北朝鮮制裁の緩和を改めて促した。

 北朝鮮の崔善姫第1外務次官は9月下旬の協議再開に前向きな姿勢を示しており、王氏は「積極的なシグナル」と歓迎。安保理は適切な時期に制裁緩和を検討し、「制裁がもたらした経済・民生の困難」を和らげるよう訴えた。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る 2019年9月12日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。