大阪府警 留置場の監視担当が居眠り、 面会室のブザー切られる

記事まとめ

  • 大阪府警城東署の留置場で容疑者と弁護士が面会中、監視担当の署員が居眠りした。
  • 別の署員が起こして状況を確認、面会室のブザーのスイッチが切られていたという。
  • 担当署員は、内規に反してスマートフォンも持ち込んでいた。

留置場担当者が居眠り=面会室ブザー切られる―大阪府警

 大阪府警城東署の留置場で7月、容疑者と弁護士の面会中に監視を担当する署員が居眠りしていたことが8日、府警への取材で分かった。面会室の出入りを知らせるブザーのスイッチが切られていたといい、府警が経緯を調べている。

 府警では昨年8月、富田林署の留置場から容疑者が逃走する事件が発生。ブザーの電池が1年以上前から抜かれ、逃走につながったとされる。府警は同10月、留置業務に不備があったとして、当時の署長ら7人を減給などの懲戒処分にした。

 府警によると、城東署の担当署員は内規に反してスマートフォンを留置場内に持ち込んだ上、居眠りしていた。別の署員が起こして状況を確認したところ、ブザーのスイッチが切られていた。 

あわせて読みたい

気になるキーワード

時事通信社の記事をもっと見る 2019年10月8日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら