「トランプ合意で代替を」=ジョンソン英首相、イラン核めぐり主張

 【ロンドン時事】ジョンソン英首相は14日のBBC放送のインタビューで、崩壊の瀬戸際にあるイラン核合意について「『トランプ合意』で置き換えるべきだ」と発言した。イランとの新たな合意を訴えるトランプ米大統領を支持する考えを示した。

 核合意をめぐっては、米国が離脱したほか、イランもウラン濃縮を無制限に進めると宣言。英独仏はこれに対し、制裁再開をちらつかせてイランに合意順守を迫っている。ジョンソン氏の発言が英国の方針転換を示すものかどうかは不明だ。

 インタビューでは、現行の核合意に「欠陥がある」とするトランプ氏の主張を踏まえ、「イランの核兵器保有を阻止する方法がなければならない。合意を取り除くのなら、代替案が必要だ」と述べた。

 その上で「トランプ氏は素晴らしいディール・メーカー(合意の仕掛け人)だ」と指摘。「一緒に働いて核合意を置き換え、代替のトランプ合意を実現しよう」と強調した。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。