米ボーイング、8年ぶり首位陥落=納入機数半減、墜落事故響く

 【シカゴ時事】米航空機大手ボーイングは14日、2019年の商用機の納入が前年比53%減の380機にとどまったと発表した。この結果、11年以来8年ぶりに欧州大手エアバス(863機)に世界首位の座を明け渡した。新型旅客機「737MAX」の墜落事故が相次ぎ、同型機が世界中で運航停止となっていることが響いた。

 MAX機は商用機受注の約7割を占めていたが、昨年3月に2度目の墜落事故がエチオピアで起きたことを受け、出荷が停止された。19年のMAX機の納入は前年比78%減の57機、受注は93%減の45機にとどまった。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。