日産陰謀「仏大使に聞いた」=ゴーン被告、逮捕後面会で―報道

 【パリ時事】日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告は14日、フランス紙フィガロなどとのインタビューに応じ、自身が主張する日産による陰謀について、逮捕翌日に面会したピック駐日仏大使から聞かされたと明らかにした。フィガロ紙(電子版)が15日報じた。

 ゴーン被告は、ピック大使から「日産が反旗を翻している」と言われたと説明。「その時に(逮捕が)陰謀だということを理解した」と述べた。フィガロ紙は「ゴーン事件をめぐる日仏両国の微妙な立場が改めて浮き彫りになった」と指摘した。

 在日仏大使館広報部は15日、時事通信に「現時点で伝えられる情報はない」として詳細なコメントは避けた。大使館はこれまで、ピック大使が2018年11月の逮捕後にゴーン被告と面会したことを認め、「外国で逮捕されたフランス人は領事保護を受ける権利がある」と説明していた。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。