パチャウリIPCC前議長死去=ゴア氏と共同でノーベル平和賞

 【ニューデリー時事】地球温暖化に関する情報を収集・報告する国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の前議長ラジェンドラ・パチャウリ氏が13日、心臓病のためインドの首都ニューデリーの病院で死去した。同国のメディアが14日伝えた。79歳だった。

 パチャウリ氏は2002年から15年までIPCC議長を務め、IPCCが07年にゴア元米副大統領とともにノーベル平和賞を受賞した際は、授賞式に出席した。09年には日本政府が旭日重光章を授与した。

 1940年、当時の英領インド北部(現インド北部ウッタラカンド州)生まれ。インド国鉄勤務などを経て米国に留学し、米国やインドで研究を続けた。81年にインドのシンクタンク「エネルギー資源研究所(TERI)」所長に就任した。

 15年にTERIの女性職員へのセクハラ疑惑が浮上し、IPCC議長を辞任。16年にはTERIの所長も退いた。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ノーベル平和賞 + 韓国」のおすすめ記事

「ノーベル平和賞 + 韓国」のおすすめ記事をもっと見る

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月14日の国際総合記事

キーワード一覧

  1. ノーベル平和賞 韓国

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。