犯罪組織、裁判所で最高幹部奪還=銃撃戦で5人死亡―ホンジュラス

 【サンパウロ時事】中米ホンジュラスの北西部エルプログレソの裁判所で13日、マラスと呼ばれる麻薬密売組織の構成員約20人が最高幹部の一人の奪還を試みて治安部隊との間で銃撃戦となり、警官4人を含む5人が死亡した。最高幹部は逃走に成功した。

 治安当局などによると、この最高幹部は禁錮20年の刑に服していたマラスの有力組織「MS13」のアレクサンデル・メンドサ受刑者(38)で、別件裁判のため裁判所に入館。後を追って侵入した軍服姿の構成員らによって銃撃戦の末、「救出」された。

 事態を重く見たエルナンデス大統領は「犯罪者を捕らえるため、国民は団結しなければならない」と強調。当局は逮捕につながる情報に200万レンピラ(約890万円)の懸賞金を設定して行方を追っている。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月15日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。