香港国家安全法「残念」=中国の評価に影響―EU首脳

 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のミシェル大統領は30日、ブリュッセルで記者会見し、中国が成立させた「香港国家安全維持法」について「残念だ」と語った。「香港の高度な自治を著しく傷つけ、司法の独立に悪影響を及ぼす恐れがある」と指摘した。

 同席したフォンデアライエン欧州委員長も「深刻に懸念している」と発言。「中国への評価や一般の人々が抱くイメージ、企業からの信頼感に非常にマイナスの影響をもたらしかねない」と警告した。

 両氏は、22日に行った中国首脳とのテレビ会談でもこうした懸念を直接伝えていた。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。