三菱航空機が開発遅れで減損処理 2年ぶり債務超過

記事まとめ

  • 三菱航空機が2020年3月期に4646億円の債務超過に陥った。
  • 負債が資産を上回ったのは2年ぶり。
  • 開発の遅れで量産初号機納入を延期、減損処理を実施したため。

三菱航空機、2年ぶり債務超過=開発遅れで減損処理―20年3月期

 三菱重工業の子会社で、小型ジェット旅客機「スペースジェット」(旧MRJ)を開発している三菱航空機が2020年3月期に4646億円の債務超過に陥ったことが1日、明らかになった。負債が資産を上回る債務超過となるのは18年3月期以来2年ぶり。

 1日付の官報で明らかにした。開発の遅れで量産初号機の納入を「20年半ば」から「21年度以降」へ延期しており、これに伴う巨額の減損処理を実施したため。純損益は5269億円の赤字だった。

 三菱航空機は「三菱重工業からの資金で開発を行っているため、債務超過そのものが事業の継続性に支障を及ぼすことはない」と説明している。引き続き、商業運航に必要な型式証明の取得を目指す方針だ。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。