ドイツも香港との引き渡し条約停止=「市民の権利、一段と制限」

 【ベルリン時事】ドイツのマース外相は31日、香港との間での犯罪人引き渡し条約を停止すると表明した。マース氏は、香港政府の立法会(議会)選挙延期と一部民主派の立候補禁止は「市民の権利を一段と制限するものだ」と批判した。

 中国による「香港国家安全維持法」(国安法)制定を受け、英国やカナダ、オーストラリアなどが引き渡し条約の停止を既に決めている。欧米諸国の中では中国に近いとされるドイツも同様の措置に乗り出したことで、中国への圧力は一段と高まりそうだ。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月1日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。