湾岸2カ国と国交正常化=イスラエル、米仲介で署名―パレスチナは反発

       

 【ワシントン、エルサレム時事】イスラエルは15日、米国の仲介で、ペルシャ湾岸のアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン両国と国交を正常化する合意文書に署名した。イスラエルと長年敵対してきたアラブ諸国の中で国交を結ぶのは、エジプト、ヨルダンと合わせて計4カ国となる。トランプ米大統領は「新しい中東の夜明けだ」と称賛したが、中東和平の要であるパレスチナは強く反発している。

 イスラエルと湾岸アラブ諸国はここ数年、対イランや経済交流拡大で利害が一致し、水面下で関係改善を模索していた。1月に中東和平案を発表し、11月の大統領選も見据えて外交成果を求めるトランプ政権はこれに着目し、仲介を加速化。イスラエルとアラブ諸国の正常化実現はヨルダン以来26年ぶりとなる。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「パレスチナ自治区 + 観光」のおすすめ記事

「パレスチナ自治区 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月16日の国際総合記事

キーワード一覧

  1. パレスチナ自治区 観光

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。