米ファイザーの新型コロナワクチン、GPS付けマイナス70度で輸送 日本には空輸の見込み

記事まとめ

  • ファイザーの新型コロナワクチンはマイナス70度前後で保存する必要がある。
  • 同社は専用のGPS付き保冷容器を用意し、輸送に万全を期す。
  • 日本へは空輸される見込みで、流通方法は日本当局と今後調整するという。

米ファイザー、GPS付けマイナス70度で輸送=新型コロナワクチン、日本には空輸

       

 米製薬大手ファイザーが開発している新型コロナウイルスワクチンの普及で、最大の課題の一つが供給体制の整備だ。ワクチンはセ氏マイナス70度前後で保存する必要があるため、同社は専用の全地球測位システム(GPS)付き保冷容器を用意し、輸送に万全を期す。

 ワクチンの専用容器は、ドライアイスと温感センサーを使い、マイナス70度の温度を維持。GPSで事前に計画した通りの輸送経路をたどっているかを確認し、品質保持に努める。

 ファイザーは米国とベルギーの計4拠点でワクチンを製造する。共同開発するドイツのビオンテックの製造分と合わせて、2021年末までに最大13億回分を世界各地に供給する。日本への供給分は空輸される見込みで、到着後の流通方法については日本当局と今後調整するという。

 ファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)は「深刻な感染流行に終止符を打つ。ワクチンを早急に世界中に届ける必要がある」と強調している。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。