自民議員が妊婦体験開始=国会活動も、本会議場入れず

 妊婦の大変さを疑似体験しようと自民党の男性衆院議員が8日、妊娠7カ月に相当する重量7.3キロのジャケットを着用して国会に登院した。

 疑似体験に挑戦したのは小倉将信氏ら若手の3議員。9日までの2日間、ジャケットを着用したまま、国会で活動したり自宅で家事をしたりする。初日は本会議場での着用が認められないアクシデントもあった。

 小倉氏は党本部で記者団に「重いだけでなく圧迫感がある」と感想。企画した牧島かれん青年局長は「妊婦の困難さを体験してもらう。パフォーマンスという批判もあるが、政策づくりで想像力は重要だ」とアピールした。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月8日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。