日本人修道女らの公判開始=聴覚障害児への性的虐待事件―アルゼンチン

 【サンパウロ時事】南米アルゼンチン西部メンドサにあるカトリック系聴覚障害児童施設で司祭らが入所者に性的虐待を繰り返していた事件で、虐待ほう助罪などに問われた日本人修道女の小坂久美子被告ら9人の公判が3日、メンドサの裁判所で始まった。国営通信によると、小坂被告側は訴えの棄却を求めた。

 事件は施設(2017年に閉鎖)で05年ごろから16年にかけて発生。司祭らが当時4〜17歳の約20人に性的虐待を重ねていた。施設で働いていた小坂被告は虐待を助長した罪などで17年に逮捕、起訴されていた。事件をめぐっては、19年11月に司祭2人に禁錮45年と同42年、庭師の男に同18年の有罪判決が言い渡されている。

 AFP通信によると、被害者の姉妹の一人は「子供たちの面倒を見ていた修道女らの協力なしには事件は起こらなかった」と強調。父親の一人は「事件露見を恐れ、彼らは(子供たちに)手話を習わせないことで隠蔽(いんぺい)を図った」と小坂被告らを非難している。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月4日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。