メキシコ大統領、マヤ人に謝罪=政府やスペインが「虐待」

 【サンパウロ時事】メキシコのロペスオブラドール大統領は3日、南東部ユカタン半島のキンタナロー州で、先住民マヤに対する古今を通じた迫害を謝罪した。半島は、紀元前1000年ごろから16世紀にかけて栄えたマヤ文明の中心地。同氏はローマ教皇やスペイン国王に、植民地時代の人権侵害を謝罪するよう求めてきた。

 左派のロペスオブラドール氏は「3世紀にわたる植民地時代と2世紀にわたるメキシコの歴史において、個人や国家、外国政府がマヤ人に行ってきたひどい虐待を心から謝罪する」と強調。その上で「先住民は今でも開発や略奪、抑圧、人種差別、排斥と虐殺に苦しんでいる」と述べ、状況改善を訴えた。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月4日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。