茂木氏「中国に深刻な懸念」=ミャンマー情勢も議論―G7外相会議

 【ロンドン時事】先進7カ国(G7)外相会議は4日、ロンドンで2日目の討議を行い、中国やロシア、ミャンマーなどの地域情勢に関して意見交換した。茂木敏充外相は、東・南シナ海における中国の一方的な現状変更の試みを「深刻に懸念している」と述べた。

 日本政府によると、茂木氏は香港情勢や新疆ウイグル自治区の人権問題についても懸念を表明。G7を中心に国際社会が一致したメッセージを出すことの重要性を指摘したという。

 G7ではミャンマー情勢も議論。茂木氏は、暴力の停止や対話の開始を求めた東南アジア諸国連合(ASEAN)の取り組みをG7として支持し、連携すべきだと述べた。一方、英政府によると、議長を務めるラーブ英外相はクーデターで実権を握ったミャンマー国軍に対する圧力強化を各国に提案した。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月5日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。