HIS、232億円の赤字=上場後で最悪―21年4月中間

HIS、232億円の赤字=上場後で最悪―21年4月中間
拡大する(全1枚)
 旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)が11日発表した2021年4月中間連結決算は、純損益が232億円の赤字(前年同期は34億円の赤字)だった。新型コロナウイルス感染拡大の長期化で海外旅行需要が激減し、02年の株式上場以降、中間期で最大の赤字幅となった。同社は財務基盤の強化に向け、日本政策投資銀行からの資金調達を検討していることを明らかにした。
 売上高は前年同期比8割減の676億円。旅行事業の落ち込みに加え、傘下の「ハウステンボス」の来場者減少、ホテル事業の低迷も響いた。経営立て直しに向けたコスト削減策として、グループ外への出向を最大1500人まで増やす。 

あわせて読みたい

時事通信社の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月11日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク