「英語、小5から正式教科」でも進まない人材のグローバル化

日本人の英語力は依然低い

「英語、小5から正式教科」でも進まない人材のグローバル化
英語教育の改善策について検討している文部科学省の有識者会議は、9月下旬に報告書をまとめました。報告書には、小学5年生から英語を正式な教科として教えること、大学の入学試験でTOEFLなどの外部試験を積極的に活用することが盛り込まれています。

総人口が減少に転じ、内需の拡大が望めない日本では、海外に活路を見出すグローバル化以外に生き残る道はありません。グローバル化は、これまで製造拠点の移転や販路の拡大など主に企業レベルの課題でしたが、TPPやオリンピックなど、今後は個人レベルでも否応なしに海外と接触する機会が増えることは間違いありません。

異文化交流の標準語は英語です。世界で英語を話す人口は日本人の10~20倍とも言われており、英語を理解できれば視野は一気に広がります。ところが、日本人の英語力は依然低く、英語を母国語としない人が英語圏の大学へ留学をする際に受検するTOEFLの点数ではアジア30カ国の中で常に最下位を争うなど、心もとない状況です。

言語能力よりも独創性と主体性が大切

文部科学省の発表は、このような現状を打破するため、英語教育を拡充してグローバル化に対応できる人材を育てようと動き始めた結果です。私の住む横浜でも、小学6年生に児童英検、高校2年生にTOEFLを受けさせることになるそうです。

しかし、本当に「英語教育の拡充=グローバル人材の育成」なのでしょうか。私もアメリカへの留学や外資系企業での勤務を経験しましたが、英語は流暢に話せても、一人では何一つ判断できず、仕事の段取りがさっぱりという人もいました。逆に日本語アクセント丸出しでお世辞にも英語が上手いとは言えないにもかかわらず、外国人と丁々発止やり合いながらテキパキと仕事をこなしている人もいました。言語能力よりむしろ、自分の頭で考える独創性と自分から体を動かす主体性が大切だと言えます。


あわせて読みたい

ジジコの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「議会」のニュース

次に読みたい関連記事「議会」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「法律」のニュース

次に読みたい関連記事「法律」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。