介護職員による高齢者虐待増加、守りたい尊厳

介護職員による高齢者の虐待件数が過去最多を更新

介護職員による高齢者虐待増加、守りたい尊厳
厚生労働省は2013年度に確認された特別養護老人ホームなど介護施設や居宅サービスの職員による高齢者の虐待件数が、221件と前年度より66件増えて過去最多を更新したと発表しました。なぜ、介護職員による虐待がこれほど多くなったのでしょうか。

原因として考えられるのは、施設の閉鎖性、隔離性の問題に加え、仕事の過酷さに対して給与が低い、人手不足による疲労、ストレスなどです。しかし、これらはどの施設でも共通すること。虐待が起こらない施設と起こる施設で、何が異なるのかが問題です。そしてそれは、職員に対する教育と高齢者への理解の違いではないかと考えられます。

相手を人として尊重する気持ちが決定的に欠けている

以前、あるセミナーにて大学で認知症高齢者の研究をしつつ、自身も介護現場に身を置く人の話を聞く機会がありました。その人によると「認知症の方は、脱水状態になると不安定になり、せん妄や意識障害等の症状を引き起こすことがある。そして、それらが原因となって興奮状態や暴力といった症状が出るため、正しい知識を得ているのといないのでは、介護する側の負担は全く違ってくる」とのことでした。

また、虐待をするということは、相手を人として尊重する気持ちが決定的に欠けているということです。現場に詳しいある人は「介護職員の多くは、高齢者の生年月日は知っていても、その方が生きてきた時代背景や文化を知ろうとはしない。それでは、相手の気持ちに寄り添った介護などできるはずがない」と話していました。


あわせて読みたい

ジジコの記事をもっと見る 2015年3月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。