国と企業が推奨しても「イクメン」が出世できない理由

国と企業が推奨しても「イクメン」が出世できない理由
拡大する(全1枚)
育児に熱心な男は出世しない?

国と企業が推奨しても「イクメン」が出世できない理由の画像はこちら >>
「イクメン」という言葉が生まれて数年、まだまだ男性が育児休業を取得し、仕事より家庭を優先するのは難しい印象があります。数値上でも、育児休業を取る女性は76%となっていますが、男性は2%ほどです(平成25年厚生労働省調査)。現時点では、「イクメン」が定着するのはまだまだ先になりそうです。

今年に入って、著名な漫画家の意見「育児に熱心な男は出世しない」が話題になりました。しかし、前述の現状を考慮すれば、それも否定できないところがあると思います。要因はさまざまですが、上司の理解が得られないという会社もあるはずです。また、子どもがある程度大きくなるまでは母親が一緒にいた方がよく、そのため、父親が働くのは当然だという考え方があることも原因の一つです。

そうした日本の今までの流れ、文化が最も大きな障壁になっているという事実は、多くの人が気付いている通りでしょう。しかし、今回は文化の話は除外し、イクメンが「働くこと」について考えていきます。

問題は「働いた時間に対して評価され、給与が出る」日本の現状

イクメンが出世できない原因は、日本の現状が「働いた時間に対して評価され、給与が出る」というシステムになっているためです(女性が出世できない原因も同様)。日本では、雇用されて働いている場合、仕事で出した結果ではなく、時間に対して対価が支払われます。

会社の指揮命令下にある時間が、労働時間です。語弊があるかもしれませんが、会社の指示を聞き、実行している時間が労働時間です。特に差し迫った仕事がない日でも、定時に出勤して仕事を探してでもやらなければなりません。遅刻・早退・欠勤は「ノーワークノーペイ」とされ、給与が支払われないことは当然であり、勤怠不良は人事評価にも影響します。


当時の記事を読む

ジジコの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク