住宅購入が別れ道?老後貧乏から下流老人に転落への道筋

最近流行りの言葉「下流老人」とは

住宅購入が別れ道?老後貧乏から下流老人に転落への道筋
最近流行りの言葉に、下流老人という言葉があります。「下流老人」(朝日新書)の著者・藤田孝典氏が作った造語であり、その意味は「生活保護基準相当で暮らす高齢者およびその恐れがある高齢者」と定義されています。それでは、老後貧乏から下流老人に転落する分かれ目はどこにあるのでしょうか。

私が住宅販売の仕事に関わって、顧客のために必ず行っているサービスの一つに「ライフプランシミュレーション表の作成」があります。住宅を購入しても、貯金ができて、生涯、住宅ローン以外のお金を借りなくても生活できる状態が表を通して目に見えるように行っているサービスです。このシミュレーション表を作ることで、顧客が住宅にかけても良い予算が把握できるので、安心して住宅を購入できるということです。

住宅購入で生活が厳しくなる現実も

シミュレーション表を作ってわかるのは、大部分の顧客が支払っていける予算を超えて住宅を購入しようとしていることです。理由は、毎月のローンの支払額の根拠が現在のアパート代や知人の毎月の住宅ローンの支払だったりするからです。しかも、それまで払っていなかったボーナスまで繰り入れて住宅を購入しようとします。それでは、アパートにいた頃より苦しくなるのは当たり前です。

私が住宅を検討する顧客に、住宅購入後の生活のイメージを質問すると、ほとんどの人が「生活が苦しくなるイメージがあります」と答えます。そして、実際、ほとんどの人は住宅購入で生活が厳しくなっているようです。


あわせて読みたい

ジジコの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。